"医院ブログ" カテゴリーの記事一覧

新型コロナウィルス感染症対策について

当院では新型コロナウィルス感染症対策として、下記を徹底しております。
 ・スタッフのマスクの着用、グローブの着用
 ・器具等の滅菌
 ・こまめな手洗い、うがい

感染症の拡大を防ぐために

・不要不急の外出や人混みはできるだけ避けましょう
・長時間換気の悪い場所に不特定の人々が集まるような場所への滞在はできるだけ避けましょう
・こまめな手洗いを心がけましょう
・ 顔(特に眼、鼻、口)はできるだけ触れないように注意しましょう
・家庭内でよく触れる部分の清掃、消毒をしましょう
・睡眠をしっかりととり、栄養バランスのとれた食事で体調を整えましょう

もし、発熱や呼吸器症状が疑われたら・・・

新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口

帰国者・接触者電話相談センター 発熱や呼吸器症状があり、中国湖北省への渡航歴や患者との接触歴がある方は、まず「帰国者・接触者電話相談センター」へご相談ください。

詳細はこちら(東京都福祉保健局ホームページ)

平日9:00~17:00
目黒区の方の窓口:目黒区目黒区保健所  
TEL: 03-5722-9089

17:00以降~翌朝9:00、土日祝日終日
合同電話相談センター(都内全域)
TEL:03-5320-4592

スポーツ用マウスガードは効果的です!

皆さん、スポーツ用マウスガードは知っているでしょうか?
スポーツ用マウスガードは、ボクシングで使用する認識をお持ちの方が多いと思いますが、スポーツ全般で使われています。

歯科で製作するスポーツマウスガードの効果です!

市販のマウスガードとの違いはずばり装着感です。
八雲歯科クリニックでは、咬み合わせを調べて、患者さんお一人お一人に合わせて製作することで、 装着後の違和感をなくし、安全で保護能力の高いマウスガードをお作りしております!
ぜひお気軽にご相談ください。

酸蝕症ってご存知ですか?

皆さん、酸蝕症という言葉はご存知ですか?
“さんしょくしょう ” と読みます。

食べ物や飲み物の酸やカラダの内部(胃液など)で作られる酸によってむし歯ではないのに歯が溶けたり、欠けたりする症状のことを言います。
酸蝕症によって溶かされた歯のことを酸蝕歯(さんしょくし)と言います。

歯が溶けてしまっています

酸蝕症対策として、無糖のガムなどを噛み、だ液の分泌を促したり、フッ素入りの洗口液、歯磨き剤で歯の再石灰化を促進することで予防に繋がります。
炭酸飲料などの酸性飲料やアルコールの摂取を制限することもよいですね。

日ごろの食事や生活習慣を振り返り、セルフチェックでしっかりと予防をしていきましょう!

取材がありました

先日、ぱどさんの『ご近所ドクターBOOK首都圏版2019_2020』とギミックさんの『頼れるドクター 2019_2020版』の取材がありました。

インタビュアーの方はいつも話しやすくしてくださり、カメラマンさんも良い雰囲気を作ってくださるので、とても楽しくインタビューに答えることができました。
それぞれ今年中に雑誌として販売されたり、美容院などにも設置されるようですので、ぜひ楽しみにしていてください。