小児治療

乳歯も永久歯も虫歯の治療に特に違いはありません。穴が開くようなむし歯は削って 詰めるのが基本です。もっと深いむし歯や痛んだ歯は神経を取るような処置をしてかぶ せたりします。
乳歯の虫歯はお子さんの正常な成長発育やきれいな永久歯、正常な 歯ならび・かみ合わせに影響します。

小児治療方針

  1. 慣れたら治療開始(泣き叫んだりする子供には無理に治療はしません。)
  2. 痛くない治療、痛くない麻酔
  3. 出来るだけ白い歯で修復(大きいものは金属になります)
  4. 定期健診による予防

虫歯治療

虫歯は可能な限り歯と同じ色のコンポジットレジンと呼ばれる白い詰め物を入れて治療 します。ただし、大きい虫歯では欠けたり外れたりする可能性が高くなるため、適合性、 耐久性共に優れている金属の詰め物を使います。

フッ素塗布

乳歯や生えたての永久歯は虫歯になりやすいので、定期的なフッ素塗布をお勧めします。
フッ素を塗ることで虫歯になりにくい丈夫な歯になります。
※乳幼児医療証、子ども医療証をお持ちの方は無料です。

シーラント

生えたての永久歯は噛む面の溝が深く、ここから虫歯になりやすいため、この溝をフッ素 配合のセメントで充填することで虫歯にならないようにします。

矯正相談

お子様の歯並びが気になってきたら、一度ご相談ください。

  • うちの子は矯正が必要なのか?
  • 矯正しないとどうなるのか?
  • いつごろ始めたらいいのか?
  • 費用はどれくらいかかるのか?
  • どんな装置を使うのか?
  • どれくらいの期間かかるのか?
  • 痛くないのか?

など、まずは疑問なことをすべて聞いてみてください。
矯正相談は無料で行っております。