審美歯科

イメージ

審美歯科

白い歯で輝くような笑顔へ

イメージ

審美治療の分野で研鑽を重ねた院長が患者さまのご要望にお応えします

白い歯は清潔で明るい印象を与え、思いきり笑ったり、お口元を気にすることなく食事を楽しめたりと、心に自信を与えてくれるものです。
当院ではセラミックを中心とした白い素材による詰めもの・被せものをご用意しており、患者さまのお口元やご要望に合ったものをご案内できるよう努めております。

審美治療で研鑽を重ねた院長と歯科技工士が協力し、お口の中を撮影した画像を確認しながら、患者さまご自身の歯に自然になじむよう細かな色調まで検討して質の高い治療が行えるよう努めております。
むし歯治療などで歯を削った際の修復はもちろん、歯の色や形、すき間を改善したいなど「見た目を整える治療」にも対応しております。

自費診療なら、より長持ちする自然な歯を目指せます

保険適用のレジンやパラジウム(銀歯)などの修復物は比較的リーズナブルに治療ができますが、使用できる素材や治療の手順が限定されてしまうだけでなく、変色や摩耗が起こるまでの時間が早い、むし歯の再発を招きやすいといったデメリットがあります。

自費診療の素材の場合はそのようなルールに縛られないため、見た目の自然な美しさとともに耐久性・機能性に優れた、さまざまな素材からお選びいただくことが可能です。
当院では、保険・自費問わずより質の高い適切な治療が提供できるよう努めておりますが、より長持ちしやすく見た目にも優れた審美治療をご希望の患者さまは、ぜひお気軽にご相談ください。

白い歯をできるだけリーズナブルに

イメージ

可能な限り費用を抑え、患者さまのご要望が実現できるよう努めます

自費での審美治療は患者さまへのメリットが大きい一方、保険適用の素材に比べて高価なことから「できることなら保険適用内で白い歯にしたい」「セラミックにしたいけれど、費用がネック」とお考えの方は多くいらっしゃいます。

当院では、可能な限り患者さまのご要望をふまえた治療を実現するため、症例に応じてそのような声にもお応えできる選択肢をご用意しております。

できるだけ費用などのコストを抑え、白い詰めもの・被せものを使いたいとお考えの患者さまは、まずは遠慮なくご希望をお伝えください。

当院は保険適用の白い被せもの「CAD/CAM冠」取扱医療施設です

CAD/CAM冠は、特定の歯に限り保険適用で治療が行える白い被せものです。
歯の治療箇所をスキャンしたデータを元にコンピューターが設計し、専用の機械で修復物を精密に削り出して作製します。
以前は保険適用外でしたが、現在は特定の歯や金属アレルギーなど特定の条件を満たした場合において保険適用での治療が可能です。

銀歯と違って白いためお口の中で目立ちにくく、自費のセラミックと比べると安価に治療を行うことができます。
当院は、CAD/CAM冠を取り扱うことができる厚生労働省申請済みの医療施設です。
銀歯をやめたい方、むし歯治療をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

CAD/CAM冠

プラスチックとセラミックの混合素材を使用した被せものです。特定の歯に限り保険適用内で治療できます。

メリット
  • 歯に似た白色なので、銀歯に比べて見た目がよい
  • 金属アレルギーをお持ちの方は保険適用でほとんどの歯を治療できる場合がある
デメリット
  • 時間経過で変色・劣化しやすい
  • 歯ぎしりなどで破折する可能性がある

セラミックの詰めもの・被せもの

イメージ

自然な仕上がりの白い歯を提供いたします

セラミックを中心とした陶材(焼きものによる素材)を使用した詰めもの・被せものは、ご自身の歯に近い白さと硬さを再現できるため、噛み合う歯に優しく、自然な見た目を得られることが特徴です。
削った歯と修復物の隙間から歯垢が侵入しないよう、接着剤を丁寧に詰めて可能な限り密着させ、むし歯の再発をできるだけ防ぐことが可能です。
過去に保険治療を行った歯をセラミックに差し替えたいなど、さまざまなご要望にもお応えしております。

当院で取り扱っているセラミック素材

セラミック素材はお口によくなじむ白い歯を再現できるため、見えたときに治療箇所がわからないほど自然な仕上がりになります。
強度を増すため被せものの内側に金属を入れることもありますが、外側はセラミックの白い素材でできているため、お口を開けたときに金属の色が気になるようなことはありません。

治療する部位によって噛んだとき歯にかかる力などが異なってくるため、患者さまの症例に応じた素材を適切にご案内できるよう努めております。

オールセラミック

全てセラミック素材を使用した詰めもの・被せものです。

メリット
  • 自然な白色を再現できる
  • 時間経過による色・ツヤの変化が少ない
デメリット
  • 被せものの場合、金属の被せものをする場合に比べると多少歯を削る必要がある
  • 歯ぎしり食いしばりが強いと割れる可能性がある
ハイブリッドセラミック

セラミックとプラスチックの混合素材を使用した詰めもの・被せものです。

メリット
  • セラミックで自然な白色を再現できる
  • プラスチック樹脂のみの修復物よりも変色しにくい
デメリット
  • 被せものの場合、金属の被せものをする場合に比べると多少歯を削る必要がある
  • 時間経過で変色・劣化しやすい
ジルコニア

人工ダイヤモンドと呼ばれるセラミック素材を使用した詰めもの・被せものです。

メリット
  • 透き通った白さで周囲に馴染みやすい
  • セラミック素材のなかでもっとも強度が高い
デメリット
  • 噛み合わせの歯を痛めることがある
ジルコニアセラミック

内側はジルコニア、外側はセラミックで作られた被せものです。

メリット
  • 外側はセラミックの透明感で歯に近い色になる
  • 内側はジルコニアなので強度がある
デメリット
  • 金属の被せものをする場合に比べると、多少歯を削る必要がある
  • 歯ぎしり食いしばりが強いと割れる可能性がある

※保険適用外の自費診療となります。

金属の詰めもの・被せもの

イメージ

金属素材も可能な限り精密な治療を行うよう努めています

当院は、保険適用のパラジウム(銀歯)など、セラミック以外の詰めもの・被せものの治療においても可能な限り精度の高い治療を行うよう心がけております。

当院では、セラミック以外の自費素材としてゴールド(金合金)をお取り扱いしております。
金色のためお口の中で目立ちやすい素材ですが、患者さまにとってさまざまなメリットのある素材です。

体に優しく耐久性のあるゴールドも取り扱っております

ゴールドはセラミックと違って割れたり欠けたりしない強度があり、お口の中で錆びたり変質することがありません。
歯に近い硬度のため、詰めもの・被せものとして使用した場合は噛み合わせの歯に優しい素材です。

加工しやすく歯を削った箇所にぴったりと装着できるためむし歯になりにくいなど、患者さまに多くのメリットがあります。
白い素材とは違って見た目が気になりやすいですが、上の奥歯など外から見えにくい部位の修復におすすめの素材です。

ゴールド

金合金を使用した詰めもの・被せものです。

メリット
  • ほとんどの部位で使用できる
  • 噛み合わせとなる歯へ与える影響が少ない
デメリット
  • 大きく口を開けた場合、口のなかで目立ってしまう

※保険適用外の自費診療となります。